会社設立 初回・相談無料

法人一覧に戻る

吉岡清友事務所の会社設立手続きは、事務の進め方がシンプルです。
まず、お客様の希望する会社創業の日を尋ねます。 速やかにその希望日から逆算した予定を組み立てます。この点で登記に関与できない他の専門家と違い、設立(登記申請)日まで最も効率的な方法を提案します。
大事な登記の場面でも、司法書士は法務局に対し正規の代理人として就任しているので、社長が法務局に行く必要は全くありません。また、登記官からの問い合わせがある場合でも司法書士へ直接連絡がいきますので、社長が余計なストレスを抱える心配はありません。 会社設立は初回・相談無料です。お気軽にご相談ください。

 

税理士さんをどうするか決めていないお客様が当事務所を多く利用されています。
しかし、このような会計事務所の取捨選択は、会社設立後でも間に合います。 なぜなら、会社ができると、法務局で登記が公示されるため、すぐに複数の会計事務所から売り込みのダイレクトメールが会社に届きます。 そこでは、かなり割安の税務顧問料を提案されるようです。
また、私と付き合いのある税理士さんに頼んでも、「顧問料は、ある程度柔軟に、社長さんの希望価格でお付き合いをする。」と仰っています。
こうした実情からも、法人を作る前から税務顧問の法人契約がセットで付く会社設立業者を選ぶことは、得策とは思えません。

合同会社は、平成18年に創設された制度であり、株式会社と比べるとまだ少数です。
しかし、家族で個人事業をしていて法人成りするような場合などに適した会社形態です。特に、設立にかかる費用が安価なことから、上記の株式会社と比較検討する価値は大いにあると思います。
なお、当事務所の基本価格は、13万円(報酬・登録免許税・消費税込み)です。
また、各種会社の利点については、お気軽にご相談ください。

報酬と費用

 司法書士吉岡清友事務所は、一律報酬(税込み)にて、会社設立手続きにかかる費用を案内しております。
 会社設立は初回・相談無料です。お気軽にご相談ください。

報酬と費用例

設立報酬:75,000 円(税込)
郵送実費:1,890 円
登記事項証明書:1,000 円(2通)
印鑑証明書:450 円(1通)
登録免許税:15万 円(資本金 1,000万円以下の株式会社設立)
公証役場費用:約 5万1,160 円

合計:27万9,500 円

※当事務所では電子定款を選択しておりますので印紙税を節約できます。

トップへ
電話でのご相談はこちら
ネットからのご相談はこちら